久方振りの京都の紅葉スタートは美しさといった人出を共に堪能しました

日和恐れが日和がよさそうだったので、幾らか早起きして京都まで紅葉スタートに出かけました。実家から京都市内までは往路2時間程度で電車で行けます。但し、桜の時世という紅葉の時世の京都は皆も要点しなければなりません。
手っ取り早い目線の電車に乗ったのですが、もはやツーリストらしいクライアントであまり満席階級でした。晩秋としては優しいという恐れも人出が多いことを予想できます。紅葉スタートする寺院はいわゆる穴場的な要所ですので、大混雑を言うほどではないでしょうが、オススメスポットも人だかりはかなりありそうだ。それに、インターネットが普及してからはオススメスポットはオススメスポットではなくなってきているのも感じています。
午前10ときの開場までには30取り分ほどあったもののもう実に行列が出来ていました。京都のお出かけ張り紙に取り去り場合えていた要所なので今年は有名が出ているのかもしれません。1時間近隣待った後日とうとう拝観することができましたが、今年の紅葉は急に朝夕が寒くなったこともあって綺麗な紅葉が見れるに関してだったので、期待していましたが、さすがに期待を裏切らない美しさでした。お庭の茶室での抹茶長椅子での抹茶という和菓子と紅葉と共に堪能できたのでずいぶん上出来でした。
先あまりの寺院にも訪問したのですが、そちらはとってもメジャーな紅葉の総本山でしたので、すさまじい人間でした。これでは紅葉を見に来たのか、人の見に来たのかよくわからないほどですが、これもまた一つの京都の風物詩でもあるのでしょう。モデルチェンジしてもお得に買えます