夢の中で出会った不思議なお客様といった、その人にごっそりな人の報告

数日前に願望を見たのですが、甚だ達成な願望で起きた次も機能を正しく覚えていました。
あたしは夢の中でどっか知らないストリートに住んでいたのですが、いる建物には暖かいおじいさんがいました。
夢の中ではその人が私の保護者のようで、あたしはおじいさんに美味しいパンを焼いてもらって喜んでいました。
パンと共に美味しいチーズを食べたり、胸を飲んだこともちゃんと覚えています。

願望から覚めたら願望で見たあのおいしいパンを思い起こし、その日はついついベーカリー君に買いに行ってしまいました。
ベーカリー君に行くと、お店の中で誰かがあたしに話しかけてきました。
そちらを見ると、何と願望で見たおじいさんに丸ごとなお爺さんがいたのです。
そのおじいさんは「ここのベーカリー君は何とかなんですが、おすすめはありますか?」とのことでした。

人気があるベーカリー君で、レジには他のお客が並んでいたためあたしに訊いたのでしょう。
あたしは自分がいつも買い求めるものをおじいさんに「これが美味いですよ」というすすめてみました。
おじいさんは嬉しそうに「どうもありがとう。コイツにしますね」という、そのパンを2つ買っていきました。
願望で見たおじいさんは自分でパンを焼いていましたが、あたしが会ったおじいさんは優しそうな普通の先祖でした。
また会えたら嬉しいです。http://xn--n9jti3a5gh9hd1134fjbtbegyczk4a.com/